同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

もう既にこのノウハウを取り入れ協定金額がアップした業者さんが続出しています!
あなたもこの『損保に勝つノウハウ』を取り入れて
1台1台の協定で確実に利益を上げて下さい。
このノウハウを知ると今までのタダ仕事が現金に変わります。それも永続的にです。

そして完全に合法だから損保は太刀打ち出来ません。
あなたもこれを知れば「金持ち鈑金」になれる!

損保に勝つために



販売から約3年たくさんの同業者さんに喜んでもらっています。

全国各地で行われる勉強会でクライアントさんと
       直接お会いをさせて頂き聞かせてもらえた成功体験に感激しています。

販売当初私は紙面に書かれただけのマニアルで私のノウハウが伝わるのか?
                            少しだけ心配をしていました。

もし紙面だけで伝わらない人の為にも、
更に詳しく知りたい方の為にも
勉強会を開催して私のマニアルを購入頂いた方と直接お会いしようと考えました。


しかし、販売をして直ぐにその不安は吹っ飛びました!!!
クライアントさんから届く声には満足と言いますか

「儲かりました!!!」とのこと

更にスカイプサポート(インターネット電話)では
損保との協定交渉をタイムリーに相談させて頂き過失が逆転したことも!


事案ごとに音声によるサポートはそのまま利益に直結します!


   今までクライアントさんからの質問は

         全てその場で即答させて頂いて来ました。


このマニアルは今まで認められなかった工賃が認められるようになります!


つまり、今までのタダ仕事が現金に変わるのです


そんなバカなはずはないと思うあなた!
損保が言うことが全て正しいと思っていませんか?


損保は営利企業なのです。
自社利益確保のための努力をしています。
必ずしも損保の言うことが正しい訳ではありません。



損保業界で当たり前とされる
「お互い過失のある事故の代車費用は認めません」


これに疑問を感じる方も多いと思います。
過失が100%の時は損害として認めているのです。
なのに、過失があった場合は「損害が損害でなくなってしまう」と言っている訳です。



損害は過失に応じて払うものです。
過失が生じたら損害でなくなってしまうなんてバカな話はないのですが
損保はそれを当たり前のようにして示談交渉をしています。



損保みたいな大きな会社が違法なことをするわけない!と思われるでしょう。
そうです。その通りです。
示談は相手が納得して示談書にサインをすれば問題ないのです。


損保側が提示した内容に相手が納得をして示談書にサインをすれば違法ではありません。
損保は脅しをして示談書にサインをさせているのではないので違法ではありません(笑)
但し、人身事故は別で自賠責以下での示談は違法となります。


ここで紹介するノウハウはそんな損保との修理協定で儲けるための交渉術です。

今までのクライアントさんは確実に利益を上げられました。
自信を持ってお薦めできる内容です。


このノウハウは

今まで貰えなかったお金が貰えるようになるのです。

信じられますか?

アジャスターが 「認めない」 と言っていた損害を認めてしまうのです。


  • レッカー代が貰えて、今までのタダ仕事が現金になる
  • 指数単価を上げて永続的に儲かる
  • 代車代がきっちり貰えて余裕で儲かる
  • 写真見積でガッツリ儲かる
  • 中古部品を堂々と使ってザックリ儲かる
  • アジャスターが見方になってザクザク儲かる
  • リピーターが増えてウハウハ気分になれる
  • 今まで見積しなかった工賃が貰え正しい見積書が作成できる


こんな楽しい儲け方は他にありません。



儲けるために「投資をしましょう」なんて話しではないのです。

今まで通りの仕事で交渉方法を変えるだけで 利益が増えちゃう んですよ。

投資はいりません。特殊工具を買って下さいなんてヤボな話しでもありません。


交渉のテクニックを試すだけです。


普通に商談するつもりで、ポイントを押さえて保険会社と話しをするだけです。


難しい法律知識も入りません!    決めセリフを覚えるだけです!




そんなに簡単に損保の言うことが崩せるハズがないと聞こえて来そうですね。


薄々お気づきの方も見えるとは思いますが

実は受付窓口の女性やアジャスターレベルには本当のことは教えられていません。
つまり事故対応マニアルによって損保の支払が最低金額で話が進むように
マニアルが作成されているのです。そのマニアルに従って交渉が進められているのです。

身近な例をあげてお話しましょう。

最近は銀行振込に行くと、免許証のコピーを当たり前に要求されます。
免許証のコピーをする目的は本人確認です。
免許証のコピーよりも、顔写真と窓口に来た人が
同じ顔なのか確認することの方が重要なのです。
窓口の人にマジマジと顔を見られるのも気分はよくはありませんが
業務として本来の役務を果たさなければいけないことも確かです。

ここで本来の目的を忘れていないかが大切です。
免許証のコピーは必要ありません。
本人確認が本来の目的なのです。
しかし、お客さんも免許証のコピーが必要だと思い込んでいるのです。

「本人確認は免許証のコピーが必要」

こんなことが習慣化してしまったところに問題があります。
これが企業マニアルの怖いところです。
保険協定にもこのような習慣がたくさんあります。
それが協定の際にお金がどこかへ逃げてしまう原因の1つでもあります。


ここで、本来の本人確認の姿を確認しましょう。
本人確認は身分証明証が無ければできない訳ではありません。
銀行の場合、お金の引き出し状況を質疑応答することで本人確認することも可能です。

例えば
「最近、振込入金された記憶はありますか?」
「それは幾らくらいですか?」
「いつ頃、誰からですか」

これは、本人しか知り得ない情報ですから、この質問に答えられれば
本人確認ができたとしても良いのです。この方法は金融庁が正式に認めている方法です。

他にも口座開設時に銀行に届け出た情報(生年月日・住所等)を聞くこともOKです。


皆さんもご存じの通り、銀行も窓口での対応をマニアル化しています。
10万円以上の振込を受ける時は「本人確認が必要」ここまでは良いのですが
本人確認のガイドラインを十分教育されていないようです。
窓口業務を速やかに行う為に「免許証のコピーをもらう」と
方法だけを教育しているのです。きっと、質疑応答でも良いと説明はしているでしょうが
「免許証のコピーを貰った方が間違いがない」みたいな指導がなされているのでしょうね。

その背景には監査が入った時に、免許証のコピーがあれば
当行は確実に本人確認をしていますと言えるのでしょうね。
監査をスムーズに通るには免許証のコピーがあった方が安全だから!
そんな理由で社員に対して「免許証のコピーを必ずとりなさい」と
指導をしているのでしょう。
「行員の中には免許証のコピーがなければ振り込みはできません」と
平気で言うところもあります。
監督官庁はそんな指導はしていないはずです。
それなのに、そんな発言をしてしまったら問題発言なのです。

保険会社も同じ状況があるのです。
ある程度大きな組織になると仕方がないとは思いますが
状況に応じて対応できる知識は持たせて欲しいと思います。

クライアントさんの中に「この地域は部品の伝票の写しがないと駄目なんです」と
聞いたことがあります。それは明らかな間違いです。

いいえ、間違いというよりも越権行為になるのではないでしょうか。
損害があることはアジャスターが見て立証されているのに
部品伝票がないことを理由にその支払をしないなんてことは
違法行為の疑いがあります。




当然アジャスターも窓口の女性も自分が間違った事を言っていると思っていませんから、

断固として譲りません。これが修理工場との衝突の一因なのです。




損保には損保が儲かる為のノウハウがあるのです。


      ノウハウにはノウハウで対応すればいいのです 。


損保のノウハウは比較的応用性がないノウハウのようであります。
なぜならば、損保の利益確保をベースにした言い訳ですから無理があるのです。




私のノウハウのメリットを整理してみます



  • 今まで貰えなかった仕事が現金に変わる
  • 今まで以上に工賃が簡単に上がってしまう
  • 生涯使える
  • 保険会社との交渉が有利になる
  • 投資なしで、利益確保ができる
  • お客さんが喜んでくれるようになる
  • ノウハウの解らないところはタイムリーに相談ができる

今まで貰えなかった工賃が貰える!


だから 儲かる んです。

色々なパターンを組み込んで損保会社担当者が首を縦に振るしかなくなってしまう

そんな内容が 218ページ にまとめられています。


目   次

    第一章  修理工場は損をしている

  • 鈑金業界は冬の時代  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   8
  • 利益向上のテクニック  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   8
  • 正しい知識と正当な主張  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   10
  • 保険会社から信用される修理工場になる  ・・・・・・・・・・・   11
  • また頼みたくなる修理工場になる  ・・・・・・・・・・・・・・   12
  • 学歴のない私でも出来ちゃうほどカンタン!  ・・・・・・・・・   13
  • 利益向上の即効性  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   13

    第二章  保険事故のレッカー作業はこんなに儲かる

  • レッカー作業の請求項目  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   15
  • 私がアジャスターに高いと言われイジになってしまった時  ・・・    23
  • 損保がレッカー費用を認める分木点  ・・・・・・・・・・・・・   24
  • 間違った判断をしているのは誰なのか  ・・・・・・・・・・・・   26
  • 請求が「出来る」・「出来ない」の差はこれだ!  ・・・・・・・   27
  • 正しいことを言うだけで儲かる!  ・・・・・・・・・・・・・・   30
  • レッカー代に限度額はあるのか?  ・・・・・・・・・・・・・・   32
  • 1回の修理で3回のレッカー代が認められるその訳 ・・・・・・・   35
  • 意外にも!こんなレッカー代が貰えます  ・・・・・・・・・・・   37
  • 基準を明確にすると自然と利益が生まれる  ・・・・・・・・・・   38
  • アジャスターに貸しを作ると有利に交渉できるようになる ・・・・   39
  • 損保がなぜ理不尽なことを言うのか  ・・・・・・・・・・・・・   40
  • 絶対にやってはいけないこと  ・・・・・・・・・・・・・・・・   42

    第三章  鈑金工賃をアップするテクニック

  • アジャスターに流されるな  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   46
  • 先ずは2割増でスタートする気持ちが大切  ・・・・・・・・・・   47
  • アジャスターは首を縦に振るしかない!  ・・・・・・・・・・・   49
  • 儲かる見積書と儲からない見積書  ・・・・・・・・・・・・・・   51
  • 儲かる見積書の原点  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   53
  • 基本は部品交換から話しは始まる  ・・・・・・・・・・・・・・   55
  • 脱着から生まれる利益とは  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   59
  • 今までの考えが180度変わる視点  ・・・・・・・・・・・・・   61
  • フレーム修正の必要性を突っ込む!  ・・・・・・・・・・・・・   65
  • アジャスターとかけ引きの極意  ・・・・・・・・・・・・・・・   66
  • アジャスターに喋らせろ!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   68
  • アジャスターの心を悟ると何が変わるのか?  ・・・・・・・・・   70
  • 「修理前協定をする場合」その裏に隠されたもの   ・・・・・・・   73

    第四章  指数単価を上げた6つの方法

  • 指数単価は誰が決める?  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   75
  • 指数単価が上がらない現状が生まれた2つの理由  ・・・・・・・   76
  • バカにしてはいけない150円  ・・・・・・・・・・・・・・・   77
  • まだまだ上がっちゃう指数単価!  ・・・・・・・・・・・・・・   78
  • 指数単価アップする簡単なテクニック  ・・・・・・・・・・・・   80
  • 無理のない交渉範囲を知ることが利益の分かれ道  ・・・・・・・   109

    第五章  中古部品を使って利益をアップする

  • 新品部品交換見積で中古部品を使っても詐欺ではない  ・ 111
  • 見積イコール修理ではない  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 112
  • 損保協定に隠された2つの契約から生まれる大きな利益 ・ 114
  • 保険会社ともお客さんとも良い関係を保つ秘訣  ・・・・・・・ 120
  • 部品販売で儲けよう  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 122

    第六章  こだわりの修理が利益を生む

  • 損保の机上論と修理現場の違い  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 125
  • 保険会社の都合を知る  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 126
  • 「完全に直った」と判断する基準  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 127
  • アジャスターは鈑金職人にはかなわない!  ・・・・・・・・・・・ 128
  • お客さんを気づかう心もこだわりの1つ  ・・・・・・・・・・・・・・ 130
  • 水没車両のほとんどが全損になるのなぜ?  ・・・・・・・・・・ 132

    第七章  保険代車に隠された損保の体質

  • 過失がある場合の車代を認めないのは払い渋りそのものだ!  ・・ 136
  • 損保対応マニアルには社員すら知らない歴史がある  ・・・ 137
  • 損保はなぜ、過失があると代車を認めないのか  ・・・・・・・ 140
  • 代車代でこんなに損保の損害率が変わる  ・・・・・・・・・・・・ 143
  • 損保が言い返しの出来ない質問の仕方  ・・・・・・・・・・・・・ 145
  • 保険会社の怪しい逃げ口上  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 153
  • 眠れる権利は保護しない  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 154
  • 保険会社の苦しい言い訳  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 158
  • 工場代車は謝礼ではない  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 162
  • レンタカー手配は自分でやれ!  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 164
  • 代車代を認めてもらう為のパターン  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 166
  • 代車代を全日認めてもらうカンタンな方法!  ・・・・・・・・・・ 169
  • センター長と友達になれる秘密の方法とは  ・・・・・・・・・・・ 171

    第八章  損保の写真見積はこうすれば儲かる

  • 損害を納得してもらえる写真の写し方  ・・・・・・・・・・・・・ 183
  • 写真は何の為に撮るのか  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 186
  • 結果だけを写す効果  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 189
  • 損保はなぜ写真見積をするのか  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 195
  • 立ち会いをしなくても損害認定はできる  ・・・・・・・・・・・・・ 197
  • 写真見積で利益が出やすい協定テクニック  ・・・・・・・・・・ 200

    第九章  あなたは見積を見逃している

  • ガラスが割れた時は儲かっちゃう  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 203
  • 目指せ!全塗装  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 203
  • 内装部品交換を認めなければいけなくなる理論  ・・・・・・ 205
  • ガラスが割れてシート交換をした事実  ・・・・・・・・・・・・・・・ 206
  • ACダクトを外すと、こんなこともある  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 208
  • 工賃を認めるしかないアジャスター  ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 210
  • えっー!こんなことでお金が貰えるって本当?  ・・・・・・・・ 212
  • 請求根拠の説明と自社の価格表が利益を生み出す  ・・・ 215
  • 正しい見積はアジャスターから信頼される  ・・・・・・・・・・・ 217
  • 儲かって信用される仕事をしよう  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 220

 

鈑金協定の知識が詰まったテキストはこちら

 

決して難しいことはありません。


車屋さんにとって簡単な話の構成で組み立てられています。

なぜなら私自身が車屋ですから!

私の経験から得た損保が拒む理由。その切り返し方を

現場の立場から勝つための戦略としてノウハウとしてまとめました。


当たり前のことを当たり前に話すだけなのですが、

保険会社の立場を考えると、保険会社の痛いところが解ります。

その痛いところを、どのタイミングで突くのか!

これが、保険会社との協定では大きなポイントとなります。


知っているか知っていないかが


          『金持ち鈑金か貧乏鈑金』


               の分かれ目になるのです。


このノウハウを書くと決めた時は周りの同業者に猛反発をくらいました。

こんな方法を全国に広めたら損保が対策を考えちゃうじゃぁないですか!

そうしたら僕達もやりにくくなります。


大丈夫です。 このノウハウは全て合法的 ですから、法律が変わらない限り有効です。


せめて販売にして儲けて下さい!

ノウハウを売って藍沢さんが儲けることに文句は言いません。

藍沢さんが自分の考えを確認したい気持ちも良く解ります。

しかし、藍沢さんの考えが正しい事は僕たちが十分証明しましたよね!


藍沢さんの自己満足の為に

タダで広めると歯止めが掛からなくなります。

と叱られてしまいました。


じゃぁ〜10万円ならOK?  と聞いたら

えっー ― ― たった10万円ですか?

こんなノウハウが10万円は安すぎますよ!!!!

だって、車屋をやり続ける限り一生使えますよ。


このノウハウを使えば場合によっては1回の協定で

余分に10万円以上儲けるなんて簡単じゃぁないですか!

それを10万円で売るなんて藍沢さん頭オカシクなりましたか?


僕達と藍沢さんは何年の付き合いだと思っています?

それを顔も知らない車屋さんに10万円で売っちゃうんですか?

絶対に頭オカシクなっちゃいましたよ。しっかり、して下さい。

このノウハウは数年で1千万円なら余分に儲けられます。

それが、たったの10万円ですか!


こんな同業者との格闘の末に販売をすることになりました。


販売価格を悩み続けました。

確かに儲かるノウハウであることは事実です。

私の体験を立証する意味で特別価格を設けました。


結果的に限定販売にしました。

この先値上げする可能性はありますし、販売を中止する可能性もあります。


レッカー代の決めセリフだけでノウハウの費用はペイします 。

ノウハウを購入すれば儲けは測り知れません。

そうなんです。無料レポートに書かれているレッカー代を認めさせる方法を

1回成功させれば、このノウハウ購入費用はペイします。たった1回ですよ。


だって









































たったの 50 ,000 円にしちゃいました!(税込)

たったの50 ,000円なんですよ。信じられます?

218ページにまとめられた膨大なノウハウが、たったの5万円です。

5万円払って指数単価1000円上がったら・・・・元を引くどころの騒ぎではないです 。


このノウハウが全国に広まらない内に

保険会社が対策を打つ前に ザクザク稼いで下さい 。

だれも知らない交渉術でお金持ち板金屋になって下さい。




損保との交渉術マニアルは日本でオンリーワンです!

見積ソフトは売られていますが、交渉テクニックは存在しません。


 

鈑金協定の知識が詰まったテキストはこちら

 

税務署が驚倒した程のノウハウで利益率が上がる見積交渉術を身につけて稼いで下さい。

税務署職員が言った言葉は、

「損保は払わなければいけなくなりますね」でした。

つまり!「車屋は貰わなければいけなくなる」のです(爆)


もう一度言います。


  • レッカー代が貰えて、今までのタダ仕事が現金になる
  • 指数単価を上げて永続的に儲かる
  • 代車代がきっちり貰えて余裕で儲かる
  • 写真見積でガッツリ儲かる
  • 中古部品を堂々と使ってザックリ儲かる
  • アジャスターが見方になってザクザク儲かる
  • お客さんが離れなくなってウハウハ気分になれる
  • 今まで見積しなかった工賃が貰え正しい見積書が作成できる

儲からない要素がありません。

勉強会も開催します。サポートも受けられます。

ノウハウ代は何十倍にもなって還って来た人が続出しています!

ノウハウを知らなければ今のまま何も変わりません!


こんな楽な儲け方は他にありません。


更に!

テキストでは伝わりきらないノウハウを面談でお伝えします。テキストを読んで十分理解
出来なかったこと、実際に保険会社と交渉したが、かわされてしまった等、勉強会で解説
をさせて頂きます。 面談方法は購入された方だけに案内します 。


 

鈑金協定の知識が詰まったテキストはこちら

 



「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑