同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

アウダを200%活用して板金塗装で儲ける方法

アウダの板金塗装見積ソフトを保険会社は使っています。


普通に考えれば同じ板金塗装見積ソフトを使ったら同じ金額になるはずです。



では、どうしたら同じアウダの板金塗装見積ソフトを使って

保険会社のアジャスターが見積もる金額より高くする ことができるのか。



実はとても簡単なことで皆さんご存じの通り
このアウダの板金塗装見積ソフトにない項目があります。


その項目を確実に拾う(見つける)ことです。



今までの板金塗装見積の概念を捨て
別の角度から板金塗装見積を考えると見えて来ます。


そんな方法をカンタンに知ることが出来ます!



アジャスターによっては
「アウダ以外の見積ソフトは認めません」とか「決まりですから」とか
言う人がいるそうですが、それは大きな間違いです。



もし、仮にアウダ以外の板金塗装見積ソフトを認めないと言うのであれば
板金塗装見積ソフトを開発している会社はいくつもあり
それらの会社の営業妨害をしているに等しい発言になってしまいます。



そんな突っ込みをすれば
アジャスターは「ウチの基準であってそんなつもりはありません」みたいな
ことを言って話をそらそうとします。




このことについて、仮に裁判が行われたとしたら
裁判所はアウダ以外の見積方法で見積をすることを絶対に否定できないはずです。



なぜなら!
民間企業がどんな見解を示すことも自由ですが
公的なところが民間企業に偏った見解を示すことはできないわけです。



そう考えるとアウダの板金塗装見積ソフトにない項目についても
アジャスターは保険協定の際に修理工場と前向きに話し合いをしなければありません。



つまり!
アジャスターの示す見積が正しいとは言い切れないことになります



アジャスターの言い分を如何に覆すのか!
その交渉術が分かれば保険協定で今まで以上に儲けることが可能になるのです。




私がクライアントさんからよく受ける質問で
「どこの見積ソフトがいいですか?」と聞かれます。



私はどこの見積ソフトでも一緒だと思います。
大切なことは見積ソフトに反映されない項目を如何にアジャスターに認めて貰うか!


そして、アジャスターが「含まれる」と言う部分(工賃)を
切り離して考えられるか、指数のアップと指数単価のアップができるかどうか!



修理工場の儲けはそこで大きく変わるはずです。


鈑金見積ソフトにない項目を見積に入れ込むことも1つの方法です。



例えばレッカー代を幾らもらっていますか?
自走出来る車でも損保はレッカー代を認めるしかない方法があります。


決めセリフ1つで損保は首を縦に振るしかないのです。


たった、一言です。


それで5万円も払ってくれます。



これらについて無料レポートを作成しました。↓




損保に勝つマニアルを詳しくしりたい方はこちら

指数単価を1800円上げた方法を知りたい方はこちら

「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑