同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

アジャスターと仲良くなって利益UPできる板金見積セミナー

私のノウハウをご購入の方に向けた板金見積セミナーをやっています。
アウダにない項目を普通に認めてくれるようになります(笑)



参加者さんと楽しく見積について勉強をしています。
勉強会参加以降、一気に見積額が上がったと言われる方もいらっしゃいました。




アンコールを頂いて何回も伺っている地域もあります。
参加する度に、気づきがあるそうです。



自分が感銘を覚えた本を1年後読んでみると違ったとらえ方ができるように
自分が成長すれば、同じ話を聞いても新たな気づきが生まれるのでしょう。



私は勉強会では、なるべくテキストでは伝わりにくい部分を中心にお話します。
私の考える"保険協定"とは何なのか!


つまり、私の頭の中をお見せしてしまうんですね(笑)



そして、最近は"説得術"をお伝えするとウケが良いですね!



"説得術"についての書籍はたくさん出ていますが
保険協定を例にあげた説得術の本はありませんから!(爆)


アジャスターは自分に与えられた許容範囲を超えると
無茶言い訳をする傾向にありますよね。


そして、どれだけ説明をしても納得してくれないんですよ(悲)


アジャスターがなぜ納得しないのか?


それは千差万別なんですけれど
私がお伝えしている説得術が分かるとどこを突けば
そのアジャスターが納得するのかが見えるようになります。


結構、好評です。はい。



板金協定で見積に関すると言いますか・・・・・・
見積ソフトの使い方的な研修会はありますが
アジャスターを説得する為の研修会はないですよね!


2006年8月に販売をスタートさせて頂きました。
このような情報販売は半年もすれば類似品が出てくるのですが
板金協定に関する類似品は未だに出てきませんね。


きっと、日本で唯一のノウハウだと思います。



世の中にはきっと、私より素晴らしいノウハウをお持ちの方もいるでしょう。
しかし、それを公開されないか、ネットで販売されるやり方が分からないか・・・
若しくは、テキストに起こすことに戸惑われているのではないでしょうか。



私もある方との出会いがなければノウハウを販売することはありませんでした。
その方がライターさんを紹介して下さったので今があるわけで・・・


車屋をやっていると、中々そんな自分の考えをテキストにする機会なんてないですからね。



勉強会も最近は、評判が良くてあちらこちらからお声を掛けて頂いています。


当初は、札幌、東京、大阪、福岡くらいで考えていたのですが
ご要望があれば、交通の便利の良いところであればどこでも行っちゃいます!



新幹線駅の近くとか、空港の近くの方は是非、声を掛けて下さい。
元々、私が勉強会をやろうと思った訳は
どうみても胡散臭いノウハウですから(爆)
ネットで販売していても、信じてもらえないだろう!


どうせいい加減なことが書いてあって、売りぱなしだろう。


そんな風に思われるだろうなぁ〜と私自身が思っていたので
藍沢一矢は逃げ隠れしません!  みたいな・・・・(笑)


あなたに逢って直接お伝えするだけの自信があります!的なメッセージを込めて
勉強会の開催をしようと思ったのですが・・・・・・・


今となっては、全国あちらこちらを旅することが楽しくなって来ました(笑)


ノウハウをご購入頂いた方だけ向けにしているのは
私のノウハウを全く知らずに参加されても、時間が勿体ない。


どうせ、お会いをさせて頂くなら、テキストでは伝わりにくい部分について
中身の濃 〜 〜 〜 い!お話をさせて頂ければと思ってのことです。



地域の整備組合さんからの講師依頼もありますが別にお受けしています。


ただ、限られた時間の中でお伝えするには限りがありますから
基本的な部分を知らずに聞かれても勿体ない気がしますね。



今の時代、新しい技術を勉強するよりも
見積を勉強された方のが儲かることは間違いないと思います。

では、勉強会でお会い出来ることを楽しみにしています。
お気軽に参加してみて下さい。

損保に勝つマニアルを詳しくしりたい方はこちら

指数単価を1800円上げた方法を知りたい方はこちら

「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑