同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

損保アジャスターに高いと言われたら

損保アジャスターに見積が高い」と言われ値引きを迫られたら・・・・

あなたなら、どのように対応しますか?

 

皆さんに読んでいただいた無料レポートにあります
レッカー代を例に挙げてトーク術をご紹介してみましょう!

 

レッカーに付随する費用の請求項目について
否定をしてくる損保アジャスターもいれば

項目としては認めるけど・・・・
値引きを求めてくる損保アジャスターもいるでしょう。

損保アジャスターの言うセリフに
「他所は、もっと安い」とか・・・・
「JAFは、○○くらい」だとか・・・・
「高すぎる!」とストレートに言ってくる人もいるでしょう(笑)

 

彼らの本音は「安くして欲しい」だけなのです。

 

協定の時に、高い!安い!の話をするからダメなんです。

『値引き交渉をして来ている人に値段の話をしないなんて???』

きっと、そう思われるでしょう。

 

値段の価格の話をするのではなくて

値段の根拠の話をするのです。

 

何を基準に「高い!」と言っているのか

この理由を聞くのですね。

損保アジャスターは、基準について明確に答えられないでしょうね。
レッカーに関してだけ言えば、他社と比べるしかないでしょうから・・・

 

他社と比較されたら
「レッカー代の価格を決める権利は誰にあるのですか?」

こんな質問をしてみてください。
黙るか、暴言を吐くか! どちらかになりますね(爆)

鈑金工賃も同じで価格を決める権利は修理工場にあります。
自研センターの指数を損保は強要してはいけませんからね!

 

そんなこと分かっているけど
損保アジャスターとの話で自研センターの指数を
押しつけられてしまう修理工場さんが多いですね。

それを、どのように交渉したら良いのかお伝えしているのが
損保に勝つテキストなのです!

勉強会に参加された方から聞く話では・・・・

塗装代に関して言えばアウダ価格の
2倍くらいで協定できるようになったと言われることが多いです。

どうして2倍で協定できるかは勉強会でお伝えしています。

無料レポートを実践されて
現金を手にしたら、テキストをご購入ください。

それ以上に利益率がUPするようになります。

 

損保に勝つテキストご購入はこちら

 

 

損保に勝つマニアルを詳しくしりたい方はこちら

指数単価を1800円上げた方法を知りたい方はこちら

「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑