同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

究極の不景気対策とは


商売をするうえで大切なことの1つとして
お客さんが、お金を払う価値を見出さなければなりません。

 

ビジネスは価値観の販売と言い換えることもできます。

 

たとえば
アマゾンでは、手のひらにあるスマホから
自分の欲しい本を注文すれば、翌日には自宅に届きます。

コレは本屋さんまで行き、探し回って時間を掛けることを考えれば
仮に、本屋より1割高くても価値を受け入れてくれる人はいるでしょう。

 

お客さんは、どんなことに価値を感じてくれるのでしょうか?

 

中古車販売店、整備工場、ボディーショップよりも
一般的にディーラーの方が、信頼があるように映ります。

主な理由としては
メーカーとの密接な関係と組織規模と思われます。

 

では、これらを越えるお客さんの価値観を生み出すことができれば
お客さんの信用度はディーラーより高まることになります。

 

たとえばですが
ディーラーでは、交通事故の過失修正の知識を持っているところは皆無でしょう。

 

 

もし、自分に過失修正の知識があったとしたら

お金には換えられない価値をお客さんは感じてくれるでしょう。
それは、お客さんの気持ちを受け入れたところに価値が高まるのです。

 

では、過失修正以外に、どんな知識があったとしたら
お客さんの気持ちを受け入れられる価値を見出すことができるのか!

 

ここに目を向けることは
会社の将来の発展を考えれば必須条項となるでしょう。

 

過失修正は、ある意味お客さんの権利でもあるわけす。
損保の考える過失割合を押しつけられるのではなく

お客さんは自分自身の考えを聞いてもらい
その考え方が反映される権利を持っています。

反映されるかどうかの結果は別として
お客さんの意見を聞いて、反映させる努力に
お客さんは価値観を感じ、そのお店の魅力が高まるでしょう。

 

お客さんの権利を知ることが
会社の繁栄につながることは間違いありません。

不景気だと嘆くよりも
どうしたら、お客さんが集まるのか
どうしたら、お客さんがリピートするのか

どうしたら、クチコミが広まるのか

そんなところに目を付けて
日々の業務に取組姿勢は大切だと思います。

「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑