同じ作業のまま利益を30%アップ! 誰でもできる鈑金業向け利益向上マニアル

アジャスターが、私の見積を見て「高い」と言った。
しかし“ある一言”を伝えた途端に・・・・

アジャスターの見積は、壊れた部品を拾って、
付随する作業を入れる程度のものばかりです。

 

これから、自動運転の時代が来るのに
そんな見積方法で直したら誤作動をしないのでしょうか?

 

車の損傷範囲を正確に診断する力が必要です。
その為には、何が必要なのでしょうか?

 

 

契約者が事故報告をした時に
なぜ?受付では、衝突速度を聞かないのでしょうか?

 

アジャスターが衝突速度を知って立会に来たら
損保として、何か困ることがあるのでしょうか?

 

協定ルールを覚えることも大切ですが
見積に関する意識を向上させる必要もありますね。

 

アジャスターに、どんな言葉を投げ掛けたら
アジャスターの書く見積内容が変わってしまうと思いますか?

 

この続きは↓こちらからご覧いただけます。

見積革命を起こす損傷診断の視点!

「損保に勝つ」無料レポート配布中!

これでザクザク儲かる損保が拒めない保険協定の極意!

その方法を知りたい方は以下にメールアドレスとお名前をご記入の上、送信をクリックしてください。
折り返し、無料レポートをお送りいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールアドレス
お名前   名
テキスト購入に関して
ご意見・ご感想

ご要望がありましたらご記入ください

大ボリュームの無料レポート

2012/04

このページの上へ戻る↑