工場の電気を止められそうな程資に金ショートをしていた車屋が
たった、半年で資金ショートが消えて2年後に自宅を現金で買った。

それは、彼の見積に
アジャスターが納得してしまう協定術手に入れたからだった。

いつも「認められません」と言われ続けた見積書・・・
たった『5つの意識』を心掛けたら・・・・

横柄なアジャスターから
「いくらなら値引いていただけますか」とお願いされるようになった。

アジャスターの言うなりの協定額から
自分の見積が、そのまま協定額になってしたのだから
自宅を現金で買えるようになっても不思議はありません。

更に、彼は自分自身も見積額高くなる方法も手に入れました。

  1. 1.見積の整合性を知る
  2. 2.本当の損傷範囲の診断方法を知る
  3. 3.保険協定のルールを知る
  4. 4.アジャスターに共感する
  5. 5.穏やかな協定トーク術を知る

 

彼が、この5つの『協定の絶対意識』手に入れたスタートは
損傷範囲を診断する7つのキーワードからだった。

7つのキーワードはアジャスター研修で教えられる基本中の基本。

これを車屋が知ったら
「見積が高くなるので喋るな!」社内通達が出ているとのこと!

アジャスターが、見積を抑える為に教えられた企業秘密だったのです。

 

実は、7つのキーワードを協定で結果が出せるツールがあるのです。
その不思議ツール先着100名様に無料で差し上げます。

立会をした時に見せて「あることを記入するだけ」のツールです。
その結果、アジャスターが研修で教えられた損傷診断が蘇り

目の前にあるツールには
立ち会った車“損傷範囲”手に取るように分かる!

今までのアジャスターの「大丈夫でしょう」と誤魔化しが利かない。

こんな状況生み出すツールなので
          見積範囲が広がり、協定額が高くなります。

イメージをしてみてください。
2時の方向から入力がありました。
ボンネット、ヘッドランプは明らかに交換です。

しかし!アジャスターは「ピラーは大丈夫でしょう」と言い切る!

もし『ピラーの損傷』をアジャスターが認めたら?
見積額はいくら高くなりますか?

ガラスドア等の脱着が増えるのではないでしょうか?
内張の脱着の可能性は、どうなるでしょうか?
ルーフの塗装代は、数万円高くなるのではないでしょうか?
他にも、色々な作業が増えることになりますね。

 

不思議立会ツールを使うと・・・・

「ピラーは大丈夫です」と言っていたアジャスターが
ピラーの変形を認めてしまう可能性が高いのです。

その結果、見積が3割も高くなった車屋さんが続出しています。

全国で100名様の限定プレゼントとなりますのでお急ぎください。

あなたは協定で、こんな間違いをしていませんか?

 

  • 交換ばかりの見積書を書いている
  • 自分で見積を書かない
  • 「これじゃぁ〜直らない」と結論だけを言う
  • アジャスターに文句を言う(叱りつける)
  • 立会の時にリフトアップをしない
  • 損傷確認の時に一緒に立ち会わない
  • 金額だけの話で安全性について話し合いをしない
  • 修理方法のリスクをアジャスターに確認していない


上のようなことをしていると
アジャスターは内心『安い見積に出来る』と喜んでいるでしょう。

あなたは、協定のやり方を誰に教えてもらいましたか?
その協定のやり方は、正しいと自信が持てますか?

 

  • あなたは『保険協定のルール』をアジャスターに説明できますか?
  • 協定の時に修理の必要性について根拠を示していますか?
  • 部品交換すれば儲かると思っていませんか?
  • 修理代を決める権利が損保にあると思っていませんか?
  • アジャスターが認めやすい工数の入れ方を知っていますか?
  • 対応単価を決める権利が損保には無いことを知っていますか?
  • どうして中古部品を使うと
    アジャスターの抵抗が弱くなるのか知っていますか?

 

もし!あなたが『協定の絶対意識』手にしたら何が起きるのか?

本当に知りたいと思ったなら無料資料を請求してみてください。